2016年01月18日

平成27年度 KLN忘年会

12月20日(日)、平成27年度KLN会忘年会を開催しました。
今回は気分を変えて上野へ集合。いつもの赤坂近辺と違って、師走の上野はざわざわと賑やかで活気がありました。

年末の忙しい中をやりくりして久々に集合し、今年をふりかえりつつ歓談へ。
それぞれのご家族の近況や、仕事の現状を報告しあいつつ、一年をふりかえりました。

20160118-001.jpg

来年こそ新しい事にチャレンジするという方、来年7月にお子さまが誕生される方など、前向きな気持ちと明るい話題で盛り上がりました。今から楽しみです。
また、地域の中で面白い持ち回りの宴席や、古くからの習慣等、日本文化の意外なエピソードも聞けるのは、会員の皆さんが様々な場所から集まるからこそですね

20160118-002.jpg

その後散策がてら、家族のお土産を買うなど年の瀬の賑わうアメ横へと、三々五々散会となりました。

新東産業  肥後優子


posted by 新東産業 at 09:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

トンネル工事見学報告!

県央小型生コン協会 二世会(若手の会)が計画した「新東名高速道路 羽根トンネル工事現場見学会」(10/20開催)に参加し、大型の土木工事を目の当たりにしてきました。

■新東名高速道路 羽根トンネルの概要
総延長3,000m(NATM工法トンネル) 上り2,901m、下り2,876m
平成32年開通予定
※通常は上下線同時に工事を進めるのが常道だが、事前の調査でトンネル区間の途中に丹沢歴層なる地層が存在し、この歴層に向かって水が集まり、水脈となっていることが判明している。
このため、この区間の作業については状況を見極めながら進めざるを得ない難関克服がある。
上り線のこの区間をクリアして対策を講じ、下り線に取りかかる計画。従って工期も通常より長くなる。
20151027-001.jpg

鹿島建設株式会社 秀野所長より説明をいただき、いよいよ、工事事務所脇にある西側坑口からの見学スタート!

20151027-002.jpg
掘削機(約1億円/台)


20151027-003.jpg
マルチ作業車の先端部
トンネル坑口の上に安全祈願のお守りがあるが、写真では小さくて見えない・・・


20151027-004.jpg
吹付けコンクリート用プラント


20151027-005.jpg
東側坑口風景


20151027-006.jpg
大きな防音扉(24時間工事のため外部への騒音防止のため設置)


20151027-007.jpg
掘削したずりを運搬するベルトコンベア


20151027-008.jpg

20151027-009.jpg
インバート型枠制作
インバートコンクリート打設用ブリッジ、型枠制作風景
翌日からコンクリート打設ということで、コンクリート工事が見れず残念!


20151027-010.jpg
掘削ドリル


20151027-011.jpg
吹付けコンクリート打設風景
33N/mm2の吹付けコンクリート(スランプ12cm)を打設。
湿式工法、約20~30cm厚で吹付ける。


20151027-012.jpg
掘削機


20151027-013.jpg
大きなずりをクラッシャーで砕き、ベルトコンベアーで掘削したずりを搬送


20151027-014.jpg
ずり搬送ベルコン


切羽・掘削工事の先端(約850m)まで案内していただき、ダイナミックなトンネル工事を実体験しました。
見学終了後に熱心な質疑応答、耐震対策や緊急時の安全対策についても説明をいただき大変勉強になりました。
歴層を推進する難関工区がある羽根トンネル、無事に完成することを思いつつ現場を後にしました。
厚木に戻り、その後はおいしい肴とお酒で懇親会。参加された皆さまお疲れさまでした!
最後になりましたが、お忙しい中、丁寧なご案内をいただきました鹿島建設株式会社 秀野所長へ厚く御礼申し上げます。

新東産業株式会社 加藤 郷典





posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

ガラス建築ツアー in 丸の内

丸の内の街づくりは、丸ビル建て替え着工(1999年)時に「丸の内再構築」として始まった。
「経済再生=都市再生=環境再生」を背景に、社会・経済・環境・文化のサスティナブルな街への希求であるという。日々23万人が働く丸の内は、100万人が行き交う街であるから、主役は当然人であり、その活動を支えるのは街のマネジメント。活動の舞台として建物が存在し都市空間が広がり、その活動と空間の総体が都市の風景であり、新たな丸の内の魅力である。そんな丸の内の舞台の建物をコンクリート構造物の視点ではなくガラス建築として散策してみた。
AGC旭硝子が京橋にオープンした「AGC studio」が企画する“ガラス建築ツアー 丸の内”のイベントである。

「AGC studio」のショー・ルームにて、窓のカタチ、フレームレス工法(大きなガラス空間を創るガラスの接合工法)、窓からの省エネ、遮熱の仕組み等について座学による講習と展示物による実体感を受けて、いざ丸の内の街へ!

1.建築中のビル(窓のカタチ、工法)
20150925-002.jpg
左面:PCカーテンウォール(ポツ窓・縦連窓)
右面:ガラスカーテンウォール(ユニタイズ工法:ガラスユニットの外壁を張付け)
※ガラスはアルミなどの部材で囲われる。(サッシ)
耐震性は、地震により起こる変形(層間変位)を板ガラスとサッシの間に
十分なクリアランスを取り、破損を起こさない工夫がなされている。 

2.窓のカタチ
20150925-001.jpg
左端:横連窓(タイル張りのコンクリートと構成/ガラスが横一列に連窓)
中央/右端:ガラスカーテンウォール(ガラスの「帳壁」
=同じ材料でカーテンのように連なっている)

3.ビル窓の省エネ
20150925-003jpg.jpg
高遮蔽性能熱線反射ガラス(Low−Eペアガラス:光や熱を選択透過・反射
する特殊金属膜を使用したペアガラス)
エアーフローウインドウ:二重化された窓のキャビティーへの室内へ空気を
導入することで、キャビティーに溜まった熱を夏期は排気、冬期は空調に
用いて温度を上げることで冷気を排気、冷暖房エネルギーを削減する。


4.シームレス工法(ガラス窓の接合方法)
20150925-004.jpg

20150925-005.jpg  
ガラスの解放感をだすためにフレームを使わない接合方法(フレームレス工法)
a.メタルポイント(MPG)工法
20150925-006.jpg
丸の内北口ビル(赤印:MPG工法)

b.ガラスリブ工法
20150925-007.jpg

20150925-008.jpg      
小さな白い模様は、衝突防止サイン(丸ビルのロゴマーク)

c.テンポイント工法
20150925-009.jpg



20150925-010.jpg
折りたためる大型窓(解放される空間)

20150925-011.jpg
三菱1号館(忠実に再現:窓ガラスは当時のものを使用
微妙に波打つ表面が面白い)
各階の窓のカタチが異なるのも当時のこだわり

20150925-012.jpg
東京フォーラム(ガラスキャニビー):ガラス板主構造のオブジェ
(一部にアクリル版使用:破損時のフェイルセーブとして)

20150925-013.jpg
東京国際フォーラム:空調対策がポイントとなった。
対面側の壁に埋め込まれた送風口から微風な送気がされている。

その他、多くの“ゆかりの物”再発見!
20150925-014jpg.jpg
大田道灌像

20150925-015jpg.jpg
東京府庁跡地碑

20150925-016jpg.jpg
日本工業倶楽部会館

20150925-017jpg.jpg
東京駅

20150925-018jpg.jpg
北町奉行所跡地

20150925-019jpg.jpg
江戸城外堀の石垣


約1時間半の見学ツアーでした。日頃気付かないことがたくさんありました。違った視点で街中を眺めてみるのも面白いです。
担当頂いたコンシェルジュの木原さん!ありがとうございました。
次回は、ガラスの話でも・・・。
20150925-020jpg.jpg
AGC studio 京橋創生館1・2階
AGC studio https://www.agcstudio.jp/



新東産業葛Z術開発 仲田昌弘


posted by 新東産業 at 09:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

境川クリーンアップ作戦に参加

新入社員の登竜門?
毎年猛暑の最中のボランティア活動 “境川クリーンナップ作戦:川清掃”に参加しました。
相模原市と町田市の市境を流れる境川の上流「下馬の橋」から下流「高木橋」までの約19kmにわたり、各地区10会場を拠点として2,500名のボランティアが清掃作業を行うという活動です。
このところ連日連夜の猛暑、ややバテ気味の体調で無事ミッションをこなせるか不安でしたふらふら

集合は朝8時、忠生会場(ひかりの子保育園)。
空は雲一つないピーカン晴れ晴れ晴れ、すでに気温は30℃に達しているのではexclamation×2 

20150820-001.jpg

20150820-002.jpg 
(開会式風景)


お年寄りから子供までが参加する「世代を超えて共同作業」をすることで、「地域との絆を深める」ことを目的とする活動であるとの大会宣言、清掃作業の注意事項どの説明を受け、300人を越える参加者とクリーンアップ作戦が開始されました。

20150820-003.jpg
(愛知金物建材社さんのメンバーと)
20150820-008.jpg

20150820-007.jpg
(川の中は、爽やか?)
20150820-006.jpg
(まだ新しい自転車も!)


35℃を越える猛暑ではありましたが、川の水は冷たく、予想していた厳しい作業ではなく、心地よく清掃することができました。町田に在住する一人として社会に貢献できた達成感を味わうとともに、ご褒美の冷たい飲み物とソーセージが最高でした。

20150820-009.jpg  
(お疲れ様!閉会式の様子 参加者全員※この写真では一部です で記念写真)



新東産業株式会社 営業 加藤郷典




posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

KLN会暑気払い

7月12日、天気は快晴、もう夏なんだなと感じさせる日曜日。
KLN会では、昨年行い好評だったパターンランゲージのワークショップを行いました。
テーマは”認知症と共により良く生きるためのヒント”。対話型のワークショップです。
討論の中、今を楽しむという課題の中で印象に残ったのが、”某若手人気歌手のコンサートへ”
その人の歌が聞いてみたかったから、まずとにかく申し込んでみたという体験談。

一緒に行く人がいるかしら?
若い人ばかりかも・・・
同行者に迷惑をかけないかしら?
行く時間は・・・?
などなど、躊躇する理由は沢山あります。
そうこうしているうちに、あっという間に時が過ぎ、実現出来ない事が往々にありがちです。
本心から”なにかやりたい”と感じたこと、”興味をもったものはとにかくまず行動してみる”ことは、人生をより豊かにし、様々なチャンスや発見に恵まれることなのかもしれません。

20150724-002.jpg
20150724-004.jpg


ワークショップの後は、暑気払いを兼ねた食事会。
今回は赤坂浅田 加賀料理のお店です。
北陸新幹線が開通し、北陸が注目されていますので、まさに旬!
メンバーの中には早速、北陸新幹線での旅行を計画されている方もいらっしゃいました。

20150724-005.jpg


お食事が進む中、このように前向きな女性経営者が集まる機会を活かし、経営にプラスになるアイデアを出し合いましょうと会長さまより提案があり、女性ならではのアイデアや、意外なサービスの情報など闊達な意見交換がされました。
実現となると、金銭面や環境等で難しい面もありますが、まず、とにかくいろいろなものに目を向け、行動に移してみると今後のビジネスチャンスに繋がるかもしれません。
こういった意見交換も、日常とは異なる空間に集まって楽しい時間を過ごす会の利点でしょうか。

20150724-003.jpg


次回は山菜狩りへと意見がまとまり、リフレッシュ兼、面白い情報、サービス、商品や新しい視点の発見なども期待したいと思います。

20150724-001.jpg



肥後優子


posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

平成27年度 KLN総会

2015年2月22日(日)KLN総会を開催しました。
残念ながら全員参加とはいきませんでしたが、今回は今年1年間のKLN会活動計画や基本方針・役員を決める重要な総会だったため、久々に大勢のメンバーが集まり活気あふれる会になりました。

20150313-001.jpg

本年度の活動は”気づきのワークショップ”。メンバー間の工場見学による「互いにヒントになるような相互啓発」を目指します。(心身ともにリセットを図れるような旅行、温泉といったお楽しみ要素も!)
予定としては、女性社長が再建した、斬新な経営で話題を呼んでいる産業廃棄物処理会社への工場視察など、今後の経営のヒントになりそうな計画が盛りだくさん!

懇親会では、最近のコンクリート業界の状況や、各社で取り入れられそうなメリットのある情報をお互いにアドバイスし合い、話はつきませんでした。

20150313-003.jpg


今回の開催場所は、赤坂にもこんなところがあったのかと思うような、閑静な大使館が集まる一角にある老舗の日本の洋食屋さんでした。お部屋も日本情緒たっぷりで、窓から小さな滝と池には大きな金魚が泳ぎ、外国のお客様が喜びそうな素敵な空間でした。
食事も美味しく、小分けにされたお弁当の中に海老フライやクリームコロッケ、ビフテキ丼等々など、家庭的なメニューなのに微妙に素人とは違い、さすがプロのお味でした。

20150313-005.jpg
20150313-004.jpg

20150313-002.jpg


KLN会では、今年度も楽しく計画に実のある、行って良かったと思えるような会を目指し、事務局共々頑張りますので、よろしくお願いいたします。

かわいい女性会員を募集しています!お気軽に事務局へお問い合わせください。かわいい

事務局 肥後優子

posted by 新東産業 at 16:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

新人紹介!

2014年10月に入社しました加藤郷典です。
photo_kato.jpg
三重県四日市生まれ、平成1年生まれの25歳 血液型はB型、独身です。

父親の影響を受け兄弟3人(兄、私、弟)とも幼少の頃からレスリングに取組み、高校時代には日本チャンピオンNo.1の実力をつけ、明治大学へ進学。さらにレスリングに没頭(オリンピック選手を目指せ!)したレスリング一筋の男です。学業は・・・???(無事卒業しました!!)
レスリング競技を通じ、礼儀作法から根性、そして筋肉、心身ともに鍛え上げられました。ご指導いただいた方々に大変感謝しております。

大学卒業後は三重県に戻り、運送関係の企業に入社し、総合事務を担当しました。こちらでは約1年半社会人としての基礎を学びました。

コンクリートに関しては、ずぶの素人です。「技術力のある知的要素をもった営業マン」を目標にお客様のもとで日々、右往左往、四苦八苦しているのが現状です。
2月には当社の販売主力製品である混和剤について、仕入先メーカー研究所で特別研修を受けました。今までの3ヶ月の貴重な経験が役立ち、理解を深めることが出来ました。まさに“目から鱗が落ちる”とはこのことです!これもこの3ヶ月間見守っていただいた皆さまのお蔭です。

コンクリートの知識・知見をベースにお客様への“おもてなし”=お役立ち、営業マンとして、ニーズにあった商品をご提案できるように努力して参ります。今後ともよろしくご指導、ご鞭撻お願いいたします。



posted by 新東産業 at 09:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

建築材料アドバイザー認証セミナー参加報告

平成27年2月1日(日)東京セメント建材協同組合が主催する「建築材料アドバイザー・認証セミナー」に若手社員4名が参加し、「建築材料アドバイザー・生コンクリート編」の認証資格に挑戦しましたexclamation×2

20150227-001.jpg


冒頭、東京セメント建材協同組合 理事長 村越義男氏より、開会の挨拶及び本セミナーの説明がありました。

20150227-002.jpg


「建築材料アドバイザー」認証資格の趣意は以下の通りです。
東京セメント建材協同組合は、明治45年に東京石灰問屋組合として組織化され、大正8年2月に重要物産同業組合法により東京壁材料商同業組合として認可発足されました。
発足当時から高度経済成長期までは、自ら原料をもとに材料を作り出すことから始まるのが“当然の仕事”の時代でした。従って、当時の建材店の従業員や各職人さんたちは、使用目的に合った材料の構成・割合等々の知識が必要不可欠で分かりきっていました。

しかし、近年の建材店取扱い商品は原材料だけでなく、様々なニーズに応じた高機能なプレミックス商品が主流になってきています。大切なお客様に適切な材料の提供と使用上のワンポイント・アドバイス等ができるサービスが不可欠となってきたと痛感している現況です。
このような背景から、大型ホームセンターへの顧客流出の抑制対策、付加価値の創造をも目的とし、組合員全体のスキルアップ、モチベーション向上を目指して「建築材料アドバイザー」称する認証資格を制定するに至りました。

今回は、「建築材料アドバイザー・生コンクリート編」
1.建材店が知っておくべき生コンクリートの知識
2.生コンクリートに関する書類
3.生コンクリートの具体的発注業務
4.建材店が知っているとアドバイスができるプチ知識
5.信頼される建築材料販売業者になるために
が内容です。

午前9時より、年末に配布されたテキストをもとに講義が行われました。

20150227-003.jpg
20150227-004.jpg
20150227-005.jpg
講師の面々


昼休みをとり午後から認証資格試験に臨みました。

20150227-006.jpg


プレッシャーで心臓はバクバクでしたが、手応えは十分でした手(チョキ)
久しぶりの満足感、疲れましたが爽快でした。 


新東産業株式会社 営業部 横田俊彦



posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

KLN(きらり・レディ・ネットワーク)忘年会

12月7日、冬の到来を感じさせる肌寒い晴れた日曜日、KLN会で今年最後を締めくくる忘年会を行いました。
年末の忙しい時期と重なり参加できない方も多く残念でしたが、美味しいお酒とお鍋をつつきながら楽しい一時を過ごしました。
20141212-001.jpg

今回は京都で人気の京料理にチャレンジ!
安部総理も来店したという赤坂店は、質素な店構えで見逃してしまいそうですが、店内は雅な作りで京情緒あふれる雰囲気でした。
お料理はしゃぶしゃぶメインの鍋料理。もてなす店員の女の子も着物が似合ってとても可愛く、雰囲気が良かったです。
20141212-002.jpg

忘年会ということもあり、お酒もいつもよりすすみわーい(嬉しい顔)人気の銘柄のお酒に(獺祭、ひれ酒と・・・)皆でチャレンジし、ことのほかの美味しさに感動!!
機会があれば(話のネタにもなりますし)、いろいろな銘柄や料理にマッチしたお酒に挑戦したいですね。
話もはずみ、この会では来年はこうしたい、こんなことをしてみたいといった意見が次々と挙げられ、来年の活動に向けて期待がふくらみます。

2014年を振り返り、KLN会として様々なセミナーや勉強会、懇親会等を開催してきましたが、会員の皆さんをはじめ、講師の方々のご協力があり、無事、一年を終えることができました。有難うございました。
事務局として反省する点も多々ありますが、来年の活動に活かしていきたいと思います。

新東産業株式会社 肥後優子


posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

コンクリート好学館 コンクリート技士・主任技士受験対策模擬試験 IN赤坂

いよいよ2週間後に迫った試験日に向け、11月16日(日)赤坂見附 赤坂五歩一ビル4F会議室にて、恒例のコンクリート技士・主任技士模擬試験を開催しました。この日集合した方々は、4月からコンクリート好学館セミナーを受講し、合格必勝を目標としている面々です手(グー)

風がやや冷たいものの、晴れ澄んだ日和の休日。(行楽や遊びには最適な日和です・・・。こんな日にナゼ?ナゼ?ナゼ?と言いたいところでしょうか?)模擬試験は13時からでしたが、12時にはみなさん早々に会場に到着され、これには我々スタッフも大慌て! 早々に会場をオープンし、準備、態勢を整えました。(ご迷惑をおかけしました。)お蔭様で10分前には全員集合。受講者の気合いに負けず、我々講師も気を引き締め、セミナー開始を早めることとしました。

仲田塾長からオープニングの挨拶と当日の内容説明があり、本番さながらの緊張感漂う雰囲気の中、模擬試験がスタートしました。始まって間もなく、電卓を忘れたことに気付いた人が一人・・・あせあせ(飛び散る汗)(← 当日は忘れないでください!!)
わたしが作成した今年の問題は、昨年にも増して難解な内容?と捉えられている模様で、真剣、集中した静けさの中筆跡の音だけが聞こえていました。主任技士を受験される方には短時間のなかで小論文の問題にチャレンジしていただきました。

20141121-001.jpg
難問に挑戦中!
20141121-002.jpg
難問に悪戦苦闘・・・


本試験の時間は150分間ですが、本模擬試験は90分の短縮版です。難問のためか?時間一杯で解き終えるのがほとんどでした。主任技士の方々も小論文までたどり着けなかったと、その問題の難しさに苦戦した様子でした。
20分程の休憩の間に大急ぎで採点を行い、正解率の低かった問題からの解説の準備をします。わたしの思惑に多くの受講者がはまっていましたバッド(下向き矢印)

20141121-003.jpg
解説に納得する受講者のみなさん
20141121-004.jpg
丁寧に熱く解説中!


茶菓子で血糖を補給して後半のセミナーに突入。一問一問、丁寧に解説したため2時間では足らず、最後は駆け足の説明になってしまいました。休憩なしで残り2週間の受験対策、勉強方法のアドバイスを行い、模擬試験後に奮起し合格を勝ち取った人の体験談を披露。全員合格祈願を誓ってセミナーを終えました。


新東産業株式会社 技術開発課 田辺昭人

posted by 新東産業 at 15:30| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする