2011年01月11日

新春スペシャル!大きな夢

水を使わずに生コン車のドラム内をきれいに・・・



昨年12月、
"どうしても生コン車から出る残水、スラッジを無くしたい"
・・・と思い続けた妄想が、実現可能な事実として実感することとなった。
今年こそやるぞ!パンチ


そのドラマは、小雨降る極寒の12月13日(月)、某生コン工場から1㎥の生コンを積載した生コン車が出車するところからスタートした。

運転席に弊社藪田、助手席に私を乗せた小型生コン車は、小一時間程の道のりを経て、今回の試みを楽しみに待つ皆のいる試験場所に到着。

20110111mz001.jpg

早速、現場を想定して荷卸し。生コンを採取して品質・性状を確認。

20110111mz002.jpg

その後、残った生コンを全部排出する。
(本来なら荷卸し終了後に現場内及び近くの路上にて生コン車を停車し、ドラム内及びホッパー、シュートを水洗いする。使用する水量は概ね50〜100リットル程度。)

20110111mz003.jpg

今回の試みは、この洗浄作業を行わず帰途(工場への復路)し、その途中で生コン車を停車せず、ある特殊な作業を走行中に行うことにある。

荷卸し完了後、1時間(帰社時間を想定)後に再度生コン車ドラム内に付着しているモルタル?を排出する。
すでに完全排出しているので何も出てくることはないはずが・・・、

20110111mz004.jpg

なんとドラム内に付着している生コン(モルタルではなかった)を排出するではないか!

排出された、ドラム内に付着していた生コンの品質・性状及びその量を確認。
20110111mz005.jpg

そして、さらに1時間待機した後に終了時を想定した生コン車の洗車を実施。
洗車するために必要な水量、作業手間及び洗車に要する時間を従来の作業と比較し、その効果を確認した。
結果、
・水量は、従来洗車の半分程度
・作業手間も簡素化
・時間も短縮

等の評価を得た。


今年の大きな夢
水を使わずに生コン車のドラム内をきれいに・・・

それを実現させるのが新東産業のミッションと思っています。
環境に優しい無駄を無くすを目指し邁進します。


新東産業株式会社 営業担当 田邉昭人


posted by 新東産業 at 09:00| ミストチャージシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。