2010年09月21日

小さなことからコツコツと・・・

これは弊社の自称(?)eco担当、仲田(昌)の名刺です。

20100921mz001.jpg
再生紙を使用していることはおわかりかと思いますが、さて、このリサイクルペーパーは何を再生してできた紙でしょうか???


正解は・・・







象のウンチ






です!
20100921mz003.gif

20100921mz002.jpg

象は毎日たくさんの量の草を食べ、たくさん排泄をします。その排泄物(うんち)をドラム缶のお鍋でゆでた後、日本の和紙のような製法で仕上げて作る紙なのです!目
確かに、繊維がたくさん入っていて味わいがありますね〜。やさしい手触りの紙です。


スリランカでは、象を農業や運搬などに使っているが、年を取ると力仕事ができなくなる。そこで、老人ホームのような施設に送られ、余生をすごすことがあるのだという。また、象の孤児院のような場所に居る象もおり、これらの施設から出る糞を使って、作られるのが「ぞうさんペーパー」だ。象の食べるものによって、紙に入っている植物の種類も違ううえに、噛む力の弱い象などでも、風合いが変わってきて、どれひとつとして同じものがない紙となっている。

作り方は糞を集め、1日ボイルしたあと、古紙などとまぜる。そして、和紙のように紙を漉いてプレスしてできあがり。化学薬品を使わない、さまざまな色に染められたものもある。

(greenz.jp 象のウンチがステキな紙に!「ぞうさんペーパー」に注目!より引用)


ご紹介している「ぞうさんペーパー」は、エコロジーカンパニー 株式会社ミチコーポレーションの商品です。
エコロジーコンセプトと動物保護を基本として製造からプロモーションまで一貫して製造される100%手作りのリサイクルペーパーなのです!

同社WEBサイトによれば、ぞうさんペーパーはまったくの自然原料のみで作られており、生産プロセスにおいて化学的薬品や染料、ブリーチなどはいっさい使用されていないとのこと。
そして紙の売り上げの一部は現地NGOを通して象の保護資金や環境教育資金として使われているそうです。ぴかぴか(新しい)この紙をいろいろな用途で使用することは、環境保全のためだけでなく、象の保護にも役立てられているのです。ぴかぴか(新しい)
また、きっと現地の方たちの雇用にもつながっていることでしょう。

こうした取り組みは、いろいろなメディアで取り上げられており、なんと!日テレ「世界の果てまでイッテQ!」でおなじみ、イモトさんがスリランカのぞうさんペーパー工場に来た様子が5月に放映されたようですね!あ〜見逃した!!!(←実はイモトファン黒ハート

弊社 新東産業では、冒頭でご紹介した「ぞうさんペーパー」を使用した名刺作成を承ります!
それ以外でもいくつか新商品案件が進行中・・・ダッシュ(走り出すさま)
仲田(昌)が「ぞうさんペーパー」名刺を手に伺いますので、ご興味のある方はぜひ、お問合せください!
こうした商品を購入することで、ほんの少しでも社会貢献してみるのもいいかもしれませんね!(WEB担当 下保 靖江)





posted by 新東産業 at 09:00| 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。